エギングとは

イカを釣る釣法の一種で、漁師がイカを釣る際に使用していたエギをルアーフィッシングのルアーとして用いた釣法を指します。エギングに興じるアングラーを総じてエギンガーといったりします。対象魚としてはアオリイカが人気ですが、コウイカやスルメイカ、ヤリイカなどのイカ類全般をターゲットにしていますが、エギングをしているとタコ連れてくることがあります。中でも秋のアオリイカは昼間でも夜でも数釣りが楽しめますし、春になると産卵を控えた親イカが接岸してきますので2kgを超える超大物がかかることもあり人気が高いです。

タックル
エギングのタックルは極めてシンプルです。必要な道具は、ロッド(竿)、リール、ライン(糸)、エギとこれだけあればエギングができます。とてもシンプルで手軽なため、最近では女性のエギンガーも増えているので、釣具屋さんに行くと女性が一人でエギを選んでいるのもよく見かけます。

ロッドはシーバスロッドを用いている人もいますがたいていの人は専用のロッドを用いています。エギングは一日中竿をしゃくりますので、自分の体に合ったしゃくりやすいものを選ぶのがいいでしょう。
リールは各メーカーエギング用を発売していますが、多くはスピニングリールの2500番~3000番を使用します。現在ダイワ精工からエメラルダス、シマノからセフィアというエギング専用リールが発売されています。

エギ用ロッド

ラインはPEラインの0.6~1号の範囲のものを使用し、先端にリーダーと呼ばれるナイロンやフロロカーボン製の糸をつなぎエギを結びます。春の親イカシーズンには強度のある太いPEラインを、秋の子イカシーズンには細いPEラインを選ぶのが良いと言われています。エギに動きをつけるために竿を大きくしゃくるのですが、ナイロンのラインですと伸びますのでエギに大きな動きをつけることができません。そこで伸びないPEラインを用いるのです。しかし、PEラインだけですと今度は逆に伸びないことでしゃくった際にイカがかかったら身切れしてしまいますので、イカがかかった時に延びてしゃくった衝撃を和らげるために先端だけリーダーを繋ぐのです。

エギはイカ釣り用の小魚をかたどった木片に、様々な色の生地を巻き付けた古式和製ルアーのことです。近年はプラスチック製のものも出回っていますが、従来は木製なので、このような名が付いています。イカの種類によって大きさを変えますが、多くは3~3.5号のエギを用いますし、その時の海水の色によっても赤系とか青系とか変えてイカを誘います。

イカの釣り方

エギングを行うポイントは次のような場所です。
(1)防波堤や漁港内
(2)ちょっとした磯場やゴロタ石の続く浜
(3)沖磯や離岸堤など

アオリイカが好む場所は
(1)エサとなる小魚が豊富
(2)隠れるところがある
(3)波が比較的穏やかなところ
(4)濁りがない
(5)海水温が著しく変化しない場所
といわれています。

こういったポイントを探してエギを投げてみましょう。実際に行ってみて、地面にイカスミの跡があればそこがエギングポイントだということです。
エギングの方法はいたって簡単です。その方法とは、
(1)エギを狙いたいポイント周辺にキャストする。
(2)海底まで沈める(「フォールさせる」という)
(3)大きくシャクってたるんだ糸を巻き再びフォール。
後は2と3を繰り返し手元まで来たらまた1から始める。これだけなんです。

シャクった時に水中でエギが跳ね上がります。これがイカへのアピールになります。エギは跳ね上がった時に左右どちらかにカーブしますので、だいたいはもう1回シャクって左右に1回ずつ跳ね上げさせてからフォールさせてやります。このフォールの時にイカがエギを抱きます。

釣り方

とにかく、投げて、海底までエギを落として、そこから素早く、大きくシャクって落とす。これを繰り返してイカにアピールしまくるのがイカをたくさん釣るコツです。

イカは潮が動いていないと釣れないといわれます。潮時をみるもの大切ですし、どちらかというと暗くなってからが勝負です。昼間釣れないことはありませんが、夕方暗くなり始めるとよく釣れだし朝日が昇るまでよく釣れます。また月が出てないくらい夜はあまり釣れませんので、月夜を狙うのがいいでしょう。これらの事を参考にバンバンイカを釣っちゃいましょう。

コウイカとは

エギングでアオリイカを狙っているとたまにかかってくる事があります。アオリイカ狙いの外道として扱われあまり人気がありません。市場に出してもアオリイカの1/4くらいの値段にしかならないイカです。
というのもコウイカは背中側に大きな甲羅のような骨があり、この部分には身がほとんどないんです。

でも別名スミイカと呼ばれるくらい大量の墨を吐きます。イカスミパスタなどを作る際には重宝されますが、釣り上げた時に大量の墨を吐かれたのをくらうと大惨事となってしまいます。
アオリイカと違って底をはっている餌に反応することが多く、あえてコウイカを狙うならエギが海底を這うようずるずる引っ張ってやると釣れやすいです。

コウイカ

アオリイカと同じように秋になると釣れ始め春には卵を産むためにツガイでいることが多く、またツガイに別の雄が後を追いかけているなんてことが多くあります。
釣れた時アオリイカはグイグイと引っ張るのに対し、コウイカはボテッと重い感じしかしませんのでヒットしたらすぐにわかります。

安物を素敵に着こなす本物の男子

ファッションセンスのある人は、安物でもカッコよく着こなします。そういう人はたいてい、オーソドックスなデザインのものを、上手に組み合わせを変えています。

男性の多くは見た目やファッションに関心がない人が多いので、わざわざ組み合わせを考えて服を買ったり、着回しをしたりしないもの。

また、モテたいという色気がありありな人も恥ずかしいものです。カッコをつけようとして流行のものを着ても、付け焼き刃はすぐにばれてしまいます。

逆に、ありきたりのアイテムをさらっと着こなす人は、実はいちばんセンスがあるのかもしれません。それだけでも「この人のファッションセンスはなかなか」と思ってしまいます。

着回ししやすいアイテムといえば、シンプルなものがいちばんでしょう。

無地や、アーガイル柄のような伝統的なデザインのものは組み合わせやすいし、嫌味がなくていいですね。そう、安くありきたりのデザインの洋服を素敵に着こなす人は、柔軟性があって素敵に見えてしまいます。

資料サイト;激安服通販

アオリイカとは

数多くあるイカの種類の中で非常に美味しいイカです。私も初めてアオリイカのお作りを食べたときはあまりの美味しさにびっくりしたのを覚えています。
アオリイカの寿命は約1年です。春に産卵して、夏に子どもが産まれ、秋から冬にかけて急成長します。秋はアオリイカの子どもの食欲が旺盛ですので、エギングをする上で、エギにも果敢にアタックしてきて釣れやすい時期になります。

冬になると遠くの方にエサを求めて移動しますので、近所の防波堤からは釣れにくくなりますが、いなくなるわけではありませんので根気よくエギを投げ続けていれば、まれに釣れることもあります。春になると産卵のため、また陸に近い所に帰ってきます。このときのアオリイカは大きいもので3kgを超す物もいます。

だいたいですが16度以上が接岸の目安だといわれています。
ですので数釣りを楽しみたいなら秋に、大物の親イカを狙らうなら春という風にわかれています。

アオリイカ

アオリイカは非常に獰猛であるため、自分の胴長の1.5倍くらいまでの魚をエサとして認識し襲ってきます。餌を捕まえるには以下の足の中でも触腕と呼ばれる2本の足で餌に襲いかかります。この触腕で獲物にアタックするとこつんという感じであたりが感じられます。

春イカなど産卵前のアオリイカはメス1匹に対して、オスが数匹ついています。先にメスを釣ってしまうとオスは別のメスを探して離れてしまいます。かといって押すだけを狙って釣るなんてことはできません。雄を釣った場合はほかにも期待できますのでエギを投げまくりましょう。

エギの選び方

エギの選び方ですが、基本的に3つの条件によって使い分けます。「天候」と「海の濁り」と「時間帯」です。これらの3つの組み合わせによってエギのサイズであったり色を決めたりしていくのです。
まずはエギのサイズですがエギは小さいもので2.0号大きいもので4.0号と0.5号刻みにありますが標準的なサイズは3.5号です。

大きさの使い分けは秋のシーズンは新子が多く、3.0号前後を使用し、春は親イカが多いので4.0号前後を使用します。考え方としましてはエギの長さ1号あたり約3cmと覚えておくといいでしょう。

次に色の決定についてですがエギの色は釣具店に行くとびっくりするくらいの種類があり、何を選んでいいのかわからなくなってしまいます。エギのカラーはベースカラー(エギの本体に巻かれたテープの色)とボディーカラー(ベースカラーの上に被せた布地の色)の2つから成り立っています。エギのカラーにはアピール度というのがあります。

アピールが高いほど派手な色合いとなり、イカにエギの存在感をアピールします。アピール系のボディーカラーとしてはオレンジ、ピンクが代表的です。アピールが低い地味なダーク系と呼ばれるカラーとしてはオリーブ、ダークレッドなどが代表的です。中間的にナチュラルカラーとよび、海の色に近い青色などがナチュラル系と呼ばれます。

基本的にはイカの活性が高い時はアピール系を使い、活性が低い時はダーク系を使用します。また時間帯によって色を変えますが、朝夕のマヅメの時間帯ではアピール系のオレンジやピンク色を使います。海が濁り底がよく見えない時はアピールが高い色(アピール系)を、海が透き通って綺麗な時はアピールが低い色(ダーク系)を選ぶとよいと言われます。

最後にエギの種類についてです。エギにはシャロータイプ、シンキングタイプ、ノーマルタイプのおよそ3種類あります。これらの種類はエギが沈む速度を表しており、シンキングタイプは早く沈み、シャロータイプはゆっくり沈みます。使い分けはポイントの深さで使い分けます。海が深いところではシンキングタイプを、海が浅い所ではシャロータイプを使用します。

エギ

どちらでも行けるのがノーマルタイプです。イカを釣るには必ずそこを取る必要がありますので、とりあえずノーマルタイプを使用してみて、そこがとりにくいようならばシンキングタイプを使ってみるとか、すぐにそこについてしまう場合はシャロータイプを使ってみるという風に使い分けるのもいいでしょう。

エギングの用語

★スラックジャーク
ラインのスラック(たるみ)を利用してしゃくりあげること。
★ハイピッチショートジャーク
シャクリと同時にリールを巻き取ることで餌木を縦方向ではなく横にダーティングさせる方法。
★シャクリ
ロッドを上に跳ね上げることで水中で餌木をジャンプさせる。イカを誘うための動作で、必ずしゃくってイカおおびき寄せる。

★2段シャクリ
シャクリを立て続けに2回連続して行う。しゃくった時のエギの動きがまっすぐ前に進むのではなく、斜めに進むので2回しゃくることにより、エギが左右に跳ね上がる。
★ボトムステイ
エギを底に沈めておくこと。特に動かさないでも潮の流れなどで動くので誘いになる。長い時には1~2分ほど置いておく。しゃくるとかかっていることもあるし、持って行くこともある。活性の低い時に効果的。
★カーブフォール
エギがフォールしている最中に糸を出さずに竿を立てたり、リールを低速で巻くなどすることによって糸を張りエギを手前に寄せながらフォールさせること。カーブフォールの場合はテンションがかかっているのでゆっくり沈むため、イカが抱きやすくなる。
★フリーフォール
エギがフォールしている最中にリールの糸を出してや。するとエギは海底まで一気に沈んでいく。
★ズル引き
海底をズルズルと引いてくること。障害物が多いところでは根がかるが、砂浜や砂利の場所では使えるテクニック。エビが底を移動する時は基本的にこのように歩いて進むので非常にリアルと言える。コウイカを狙う際はズル引きをよく行う。
★新子
新子とはその年の春に産まれたイカのこと。基本的にアオリイカは1年で一生を終えるため、新子は8月半ばから10月までよく釣れる。
★ケイムラ
エギによく使われる色のことで、紫外線を浴びると光る。光の届きにくい水深でも光り輝き目立つためよく釣れるカラーである。
★カンナ
カンナとはエギの針のことで、軟体生物の足にかかりやすいように小さな針がたくさん付いている。基本的にイカは真後ろにしか進めないため返しの必要性がなくバーブレスである。下半分を折って使うと根掛りしづらい。
★イカパンチ
イカパンチとは、イカの攻撃のこと。通常イカは2本の触腕と呼ばれる腕で獲物を襲う。この攻撃をイカパンチと呼ぶ。
★ティップラン
ティップ(竿先)とラン(走る)を合わせた言葉で、主に船釣りにおいて船を流し一定層をエギで攻める釣り方。竿先のわずかな変化を捉えて釣る釣りで、最近ではティップラン船用ロッドも多く発売されている。
★藻場
藻場ワカメやホンダワラなどの海草が多い場所のこと。一般的にアオリイカは藻場で産卵するため、春イカを釣ろうと思うと藻場を狙うのがセオリーとなる。
★墨跡
墨跡とは誰かがイカを釣り上げ、そのイカが墨を吐いて堤防に跡が残っている場所のこと。よく釣れる堤防には墨跡が多い。それを見ることにより、イカが連れているのか一発で分かるので、墨跡は必ずチェックするようにしたい。しかし、マナーという観点からは墨跡を洗い流すのがいいだろう。
★イカギャフ
イカギャフとは、イカを取り込む際に使用するフックのたくさん付いたランディングアイテムのこと。いかにフックをひっかけて引き上げるので、持ち帰ることを前提として引き上げる際に使用する。最近では短く収納できるものもあり、エギングでは移動が多いのでタモ網より重宝する。