イカの釣り方

エギングを行うポイントは次のような場所です。
(1)防波堤や漁港内
(2)ちょっとした磯場やゴロタ石の続く浜
(3)沖磯や離岸堤など

アオリイカが好む場所は
(1)エサとなる小魚が豊富
(2)隠れるところがある
(3)波が比較的穏やかなところ
(4)濁りがない
(5)海水温が著しく変化しない場所
といわれています。

こういったポイントを探してエギを投げてみましょう。実際に行ってみて、地面にイカスミの跡があればそこがエギングポイントだということです。
エギングの方法はいたって簡単です。その方法とは、
(1)エギを狙いたいポイント周辺にキャストする。
(2)海底まで沈める(「フォールさせる」という)
(3)大きくシャクってたるんだ糸を巻き再びフォール。
後は2と3を繰り返し手元まで来たらまた1から始める。これだけなんです。

シャクった時に水中でエギが跳ね上がります。これがイカへのアピールになります。エギは跳ね上がった時に左右どちらかにカーブしますので、だいたいはもう1回シャクって左右に1回ずつ跳ね上げさせてからフォールさせてやります。このフォールの時にイカがエギを抱きます。

釣り方

とにかく、投げて、海底までエギを落として、そこから素早く、大きくシャクって落とす。これを繰り返してイカにアピールしまくるのがイカをたくさん釣るコツです。

イカは潮が動いていないと釣れないといわれます。潮時をみるもの大切ですし、どちらかというと暗くなってからが勝負です。昼間釣れないことはありませんが、夕方暗くなり始めるとよく釣れだし朝日が昇るまでよく釣れます。また月が出てないくらい夜はあまり釣れませんので、月夜を狙うのがいいでしょう。これらの事を参考にバンバンイカを釣っちゃいましょう。

コウイカとは

エギングでアオリイカを狙っているとたまにかかってくる事があります。アオリイカ狙いの外道として扱われあまり人気がありません。市場に出してもアオリイカの1/4くらいの値段にしかならないイカです。
というのもコウイカは背中側に大きな甲羅のような骨があり、この部分には身がほとんどないんです。

でも別名スミイカと呼ばれるくらい大量の墨を吐きます。イカスミパスタなどを作る際には重宝されますが、釣り上げた時に大量の墨を吐かれたのをくらうと大惨事となってしまいます。
アオリイカと違って底をはっている餌に反応することが多く、あえてコウイカを狙うならエギが海底を這うようずるずる引っ張ってやると釣れやすいです。

コウイカ

アオリイカと同じように秋になると釣れ始め春には卵を産むためにツガイでいることが多く、またツガイに別の雄が後を追いかけているなんてことが多くあります。
釣れた時アオリイカはグイグイと引っ張るのに対し、コウイカはボテッと重い感じしかしませんのでヒットしたらすぐにわかります。

エギングとは

イカを釣る釣法の一種で、漁師がイカを釣る際に使用していたエギをルアーフィッシングのルアーとして用いた釣法を指します。エギングに興じるアングラーを総じてエギンガーといったりします。対象魚としてはアオリイカが人気ですが、コウイカやスルメイカ、ヤリイカなどのイカ類全般をターゲットにしていますが、エギングをしているとタコ連れてくることがあります。中でも秋のアオリイカは昼間でも夜でも数釣りが楽しめますし、春になると産卵を控えた親イカが接岸してきますので2kgを超える超大物がかかることもあり人気が高いです。

タックル
エギングのタックルは極めてシンプルです。必要な道具は、ロッド(竿)、リール、ライン(糸)、エギとこれだけあればエギングができます。とてもシンプルで手軽なため、最近では女性のエギンガーも増えているので、釣具屋さんに行くと女性が一人でエギを選んでいるのもよく見かけます。

ロッドはシーバスロッドを用いている人もいますがたいていの人は専用のロッドを用いています。エギングは一日中竿をしゃくりますので、自分の体に合ったしゃくりやすいものを選ぶのがいいでしょう。
リールは各メーカーエギング用を発売していますが、多くはスピニングリールの2500番~3000番を使用します。現在ダイワ精工からエメラルダス、シマノからセフィアというエギング専用リールが発売されています。

エギ用ロッド

ラインはPEラインの0.6~1号の範囲のものを使用し、先端にリーダーと呼ばれるナイロンやフロロカーボン製の糸をつなぎエギを結びます。春の親イカシーズンには強度のある太いPEラインを、秋の子イカシーズンには細いPEラインを選ぶのが良いと言われています。エギに動きをつけるために竿を大きくしゃくるのですが、ナイロンのラインですと伸びますのでエギに大きな動きをつけることができません。そこで伸びないPEラインを用いるのです。しかし、PEラインだけですと今度は逆に伸びないことでしゃくった際にイカがかかったら身切れしてしまいますので、イカがかかった時に延びてしゃくった衝撃を和らげるために先端だけリーダーを繋ぐのです。

エギはイカ釣り用の小魚をかたどった木片に、様々な色の生地を巻き付けた古式和製ルアーのことです。近年はプラスチック製のものも出回っていますが、従来は木製なので、このような名が付いています。イカの種類によって大きさを変えますが、多くは3~3.5号のエギを用いますし、その時の海水の色によっても赤系とか青系とか変えてイカを誘います。

外国産のドッグフードと国産のドッグフードについて

我が家の愛犬は現在3歳ですが、家族同様に接しています。健康で長生きしてもらいたいという思いからドッグフード選びには気を使っているつもりです。ネットで良いドッグフードのフォーラムなどを覗くことがあるのですが、そこで多いアドバイスはカナガンドッグフードなど外国産のプレミアムドッグフードのおすすめなのですが、私はやはり国産ドッグフードにこだわりを持っています。

外国産ではカナダやオーストラリア、イギリスなどのフードが今とても人気のようですが、やはり品質管理などにおいて海外というのは、日本とは感覚が違う点が多くあると思うので何となく信頼しきれないという感じなのです。国産の原材料を使って国内で製造されているというだけで、確かな安心感があるのは私だけではないと思います。

大切な家族の一員だからこそ、そういったところにこだわりを持ちたいと思うのが私の正直な気持ちなのです。ですからフード選びに関しては決して妥協をしたくないと思っています。

とはいっても、楽天カード リボ払いをしてまでこだわるのはどうかと思います。

愛犬を愛する気持ちはあっても、自分の生活を犠牲にしすぎては本末転倒だと思いますので。